犬吐く
医師や専門家が深く詳しく解説します
犬吐く
医師や専門家が深く詳しく解説します

犬が吐くときに、 痙攣 をともなったら?どんな病気、どう対処する?

公開日
更新日

 
執筆:碧井 香 (獣医師・獣医学博士)
 
 
が嘔吐すると、何か悪い物でも食べたのか、悪い病気が隠れているのではないかと心配になるでしょう。それに痙攣発作まで見られたら、あたふたしてしまうかもしれません。犬が吐いて、なおかつ 痙攣 を伴う場合、どのような病気の可能性があるのか、詳しく見ていきましょう。
 
 

痙攣 は何故起こる?

 
痙攣とは、筋肉が自分でコントロールできない状態で強い収縮を起こす状態です。原因は、筋肉の収縮をコントロールしている脳自体に異常が生じるもの、筋肉収縮を促す神経伝達物質の異常によるもの、筋肉自体に原因があるものに分けられます。
 
脳の異常によるものは、脳が異常興奮し、その支配下にある筋肉が収縮して痙攣が起きます。異常興奮する脳の位置により、痙攣する位置も変わります。部分的に痙攣することもあれば、全身の筋肉に及ぶこともあり、これをてんかん発作と言います。てんかん発作は、感染症による脳炎や脳腫瘍が原因の場合もあります。
 
神経伝達物質とは神経から筋肉へ刺激を伝えるもので、アセチルコリンと言います。通常、アセチルコリンは自然に分解されますが有機リン系の中毒を起こすと、アセチルコリンの分解が阻害されます。すると、体内のアセチルコリンが異常に多くなり筋肉の収縮が持続し、痙攣が起こります。
 
筋肉自体の異常は低カルシウム血症になった場合です。カルシウムは筋細胞の安定に関与していますが、カルシウムが少なくなると、いつもより小さい刺激で筋細胞が興奮するようになります。このため、痙攣が起こります。

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。