犬吐く

医師や専門家が深く詳しく解説します

犬吐く

医師や専門家が深く詳しく解説します

犬が吐く 時に知っておくべきこと:原因、対応、治療法

公開日
更新日

 
執筆:碧井 香 (獣医師・獣医学博士)
 
 
が吐くのを見たらびっくりしますよね。思わず気が動転してしまいそうです。常日頃、犬が吐いた時、どうすればいいのか、考えられる原因は何か、治療はどんなことを行うのかなど、理解しておく事は重要です。この記事では 犬が吐く 時に知っておくべきポイントについて説明します。
 
 

犬が吐いた!緊急時の対応法

犬が吐いた後、元気で食欲もありケロッとしているときには様子を見て頂いて構いません。ただし、犬の吐いた物の内容はよく観察しておいてください。基本的には食餌制限(半日から1日絶食)で消化器を休ませ、その後少しずつ消化のいいものから与えていきます。吐くことで体内の水分量が失われたりイオンバランスが崩れたりしています。経口補水液などを用いるのもいいでしょう。
 
犬が何回も吐いたり、吐いた後元気がなかったり、吐いたものに血液が混じっていたり、他の症状(発熱、下痢、けいれんなど)が伴う場合には、すぐに病院へ向かってください。吐いたものが気管に入り、窒息しないように体を横向きにして寝かせた状態にして、その状態で何も飲ませず食べさせず、すぐに病院へ向かってください。吐いた物も一緒にもっていくとよいでしょう。
吐く事と一緒に起こる事のある犬の血尿、血便、下痢については以下の記事をご参考にしてください。
「犬が血尿!? 原因と治療方法は?」
「犬が血便!? 」
「犬が下痢!? その時の対処法は?」
 
けいれんは、自分では統御不可である強い収縮を起こす状態です。けいれんの原因としては、脳、神経伝達物質、筋肉のいずれかに異常が発生している事が想定されます。吐き気とけいれんが共に生じる場合、想定出来る要因としては、有機リン中毒、熱中症、腎不全等が考えられます。(不全については、「猫の腎不全についての原因、症状、治療法」をご覧ください。)
※なお、吐き気と痙攣の関係について詳しくは、「犬が吐くときに、 痙攣 をともなったら?どんな病気、どう対処する?」をご覧ください。
 

犬が吐く !どんな原因があるの?

吐くことは、吐出(に到達する前に吐き出す)と嘔吐(胃の内容物を吐き出す)に大別されます。
 
 

吐出の場合

吐出は物理的に飲み込んだ物が胃に到達する前に吐き出されるので、未消化で胃液が混じってないものが出てきます。原因は食道の疾患が主です。
 
食道内異物
食道の途中で食べ物や異物が詰まった状態です。レントゲンや内視鏡検査で診断します。
 
食道拡張症
先天性のものと後天性のものがありますが、どちらも原因は不明です。食道が拡張し機能が低下する病気です。他の病気に続発的に起こる場合もあります。神経や筋肉の病気、食道の閉塞性の疾患、中毒、その他様々なものが原因となり得ます。
誤嚥性肺炎(食べ物などが気管に入ってしまうことによって起きる急性炎)を併発すると呼吸困難や発熱を伴います。食道炎を起こしている場合もあります。診断にはレントゲン検査などが必要になります。
 
先天性心血管奇形(右大動脈弓遺残症)
先天性の奇形で、食道の一部が狭くなってしまう病気です。これにより食物が食道に滞るようになり拡張します。発症は狭くなった食道を通り抜けられない固形物を食べ始める頃、離乳後あたりの月齢です。
 
 

嘔吐の場合

嘔吐は機序が吐出と異なり脳の嘔吐中枢が刺激され胃の内容物が押し出されます。
 
食道炎
犬が、洗剤や殺虫剤などの薬剤や異物を誤飲したり、熱いものの摂取により食道に炎症が起きる病態。他の病気に追随して起こる場合もあります。レントゲンや内視鏡検査で診断します。
 
急性胃炎・慢性胃炎
犬の胃粘膜に炎症がある病態です。腐敗した食べ物、異物、有毒植物、毒物などの摂取や感染症など原因は様々です。
 
膵炎
犬の膵臓の消化酵素が膵臓自体を自己消化してしまう病気です。原因は様々です。血液検査、レントゲン、エコー、CT、MRIなどで診断します。
 
胃潰瘍
犬の胃粘膜が剥がれてしまう病態です。ストレスや薬剤、その他の病気に付随して引き起こされます。レントゲンや内視鏡検査で診断します。
 
腫瘍
犬の胃の腫瘍は良性悪性関係なく出血することが多く、レントゲンや内視鏡検査などで診断します。
 
腸閉塞
異物誤飲、寄生虫、腫瘍、腸重積(腸が重なってしまう事)などで犬の腸管が詰まってしまう状態です。レントゲンや各種検査で診断します。
 
感染症
犬パルボウイルス感染症、犬コロナウイルス感染症、犬伝染性肝炎(犬アデノウイルス)、犬ヘルペスウイルス感染症、レプトスピラ症などの感染症が嘔吐を引き起こします。診断は血液検査や他の病態がないかなど総合的に判断します。
 
尿器系疾患
腎炎は腎臓に炎症のある状態を言いますが、腎盂腎炎、尿細管間質性腎炎、糸球体腎炎など、細かく分かれています。腎臓の機能が低下すると体内に毒素がたまってしまい尿毒症になります。このような腎臓の病気でも嘔吐が見られます。
 
 

犬が吐く !原因別の治療法とは

犬が吐く原因が食道内異物による場合の治療法

治療は異物を速やかに犬のカラダから取り除くことです。
 
 

犬が吐く原因が食道拡張症による場合の治療法

続発性で原因疾患がある場合はまずそれに対する治療を行います。食道炎に対して抗生物質、粘膜保護剤、制酸剤などが投与されます。対症療法として、立位で流動食を摂取させ、重力を利用して胃への食物の通過を促します。
 
 

犬が吐く原因が先天性心血管奇形(右大動脈弓遺残症)による場合の治療法

根本治療は外科的処置が必要になります。対症療法としては食餌療法で、食道の狭くなった部分を通れるくらいの大きさに調理したり、立位で食べさせる方法があります。
 
 

犬が吐く原因が食道炎による場合の治療法

犬のカラダから原因物質の除去、原因となっている疾患がある場合にはその治療を行い、炎症に対して抗炎症剤などが処方されます。食餌は少しずつ流動食を与えますが、ひどい場合にはカテーテルで胃に直接食べ物を補給します。
 
 

犬が吐く原因が急性胃炎・慢性胃炎による場合の治療法

急性の場合には制吐剤や制酸剤を処方し、犬の嘔吐が治まったら少しずつ消化の良いものを与えていきます。慢性の場合には血液検査やレントゲンなど詳しい検査をして原因を探っていきます。基本的な対症療法は急性胃炎と同様です。
 
 

犬が吐く原因が膵炎による場合の治療法

口からの食餌制限(絶食)と飲水制限(絶水)を行って犬の膵臓を休ませ、点滴をしながら、制吐剤、鎮痛剤、抗生物質などの投与をします。犬の様子を見ながら食餌を再開します。
 
 

犬が吐く原因が胃潰瘍による場合の治療法

制酸剤や粘膜保護剤の投与、犬に食欲がなかったり脱水が見られれば輸液を行い、出血がひどければ輸血します。改善が見られない場合には外科的に潰瘍部分を切除することもあります。
 
 

犬が吐く原因が腫瘍による場合の治療法

腫瘍を外科的に切除するか、化学療法などを行います。
 
 

犬が吐く原因が腸閉塞による場合の治療法

脱水に対して輸液を行い、腸閉塞の原因や位置を早急につきとめ、外科的に原因を除去します。
 
 

犬が吐く原因が感染症による場合の治療法

ウイルスに効く薬剤はありませんので、対症療法となります。犬の脱水や食欲不振に対して輸液、二次感染防止のため抗生物質の投与、食餌療法です。レプトスピラ症は細菌感染なので、抗生物質で対処します。
 
 

犬が吐く原因が泌尿器系疾患による場合の治療法

治療は各々の原因の病気に対して行っていきます。
 
 

症状別対処法は?

 
犬が嘔吐し、加えて、下痢、泡をふく、吐血するなどの症状があったら、どうすればいいのでしょうか?今回は、症状がいくつかある場合の対処法についてまとめました。
 
嘔吐は延髄にある嘔吐中枢が刺激されることで起こります。刺激のされ方には3種類あり、1つは腹膜と腹部の臓器からの刺激が伝わるもの、2つ目は中毒、食物アレルギー、尿毒症など体に害がある物質の刺激が伝わるもの、3つ目は視覚、嗅覚など心理的要因や脳の疾患など直接中枢を刺激するものです。
 
嘔吐に他の症状が伴っている場合の対処法は、出来るだけ早く病院へ連れて行ってあげることです。家で様子をみて大丈夫という状況ではありません。獣医師による治療が必要です。
 

吐く+下痢

嘔吐と下痢の両方の症状が出るのは、主に胃腸炎です。家で様子を見てはいけません。出来るだけ早く病院へ連れて行きましょう。
 
吐物と下痢は持っていける状態なら、病院へ持っていきましょう。診断の助けになります。多頭飼いをしている場合には、もし感染症の場合、排せつ物から他の犬に感染が広がる可能性がありますので、清潔に処理しなければなりません。
 
嘔吐と下痢の両方の症状が出る原因としては、腸炎が主で、食餌、薬物、感染症、寄生虫などさまざまな原因が考えられます。その他、腸に発生する腫瘍や感染症(犬パルボウイルス感染症、犬コロナウイルス感染症、犬伝染性肝炎、レプトスピラ症)、肝不全、膵炎、尿毒症を伴う腎疾患などでも見られます。
 

吐く+泡をふく

泡の原因は唾液です。唾液が口から流れ出る症状を流涎(りゅうえん)と言いますが、その形状が液体か、泡状かに分かれます。唾液の分泌の刺激も様々なものがありますが、嘔吐を伴うものに限定すると、脳の疾患と薬物による刺激が考えられます。どちらも出来るだけ早く病院へ向かってください。
 
また、唾液が泡状になるのは空気を含むときなので、液状の流涎を引き起こす疾患でも空気が混じるような場合には泡が見られるかもしれません。それには、尿毒症や肝臓疾患、熱射病などが挙げられます。
 

吐く+吐血

血を吐くのは肺や気管支から出血し、をするときに一緒に血を吐くことを喀血(かっけつ)といい、吐血(消化器から血を吐く)と区別します。喀血の場合には血は赤く鮮血ですが、吐血の場合には口の中や食道からの出血だと赤く鮮血ですが、胃より下部の出血だと黒ずんだ色をしています。
 
とがったもの(骨や異物など)を食して、口の中や食道に傷がつき出血するばあいには血の色が赤いので、口の中などを観察してみて下さい。喀血や口腔内、食道の傷の場合には嘔吐と吐血の原因が同じでない可能性もあります。
 
血を吐く前に咳をしていたら、喀血の可能性(肺や気管支の病気の可能性)があります。激しく咳き込んだり、呼吸困難など生死に関わる状態かもしれませんので、早急に獣医師の診断を受けて下さい。
 
胃やそれより下部で粘膜にびらんや潰瘍が起こっている場合には、黒ずんだ色の吐血が見られます。嘔吐に血液が混じる場合には重大な病気が隠れている可能性が高いので、すぐに病院へ行きましょう。
 

吐しゃ物の色(黄色、透明、茶色)

食べてすぐに嘔吐すると、食べたものは胃液によって消化されていないので、そのままの形状で出てくることが多いでしょう。胃まで到達する前に、反射的に吐いている(吐出)場合も同様です。繰り返す場合には病院で診てもらいましょう。
 
食べたものが胃まで到達し、胃液と混ざり合い消化されると茶色に変色します。茶色の吐しゃ物は消化された食べ物です。よく見られる吐しゃ物で、原因は様々です。一度の嘔吐で食欲もあり、元気なら様子を見て大丈夫ですが、何度も繰り返したり、食欲がない、元気がないなど他の症状を伴っている場合には病院で診てもらいましょう。
 
胃の中に何もなく、胃酸が過剰に生産される状態(胃炎)で胃酸を吐き出す時、吐しゃ物は胃酸の色(透明)をしています。その時には胃酸を抑えたり粘膜を保護する薬が必要となりますので、何も食べさせず、飲ませずに病院へ連れて行ってください。
また、胃の中に何もない状態で、飲水し、すぐに嘔吐すると水がそのまま出てくるので吐しゃ物は透明になります。膵炎などで見られます。
 
黄色い吐しゃ物は胆汁です。十二指腸、またはそれより下部に病変がある可能性があります。胃酸同様、何も食べさせず、飲ませずに病院へ急いでください。吐き気が治まらないと食べても飲んでも、また吐いてしまいます。まずは制吐剤で吐き気を止めて、胃腸を休ませてからでないと食餌や水分を摂ることが出来ません。

 
 

普段の生活での留意点とは

犬の食べ過ぎには注意しましょう。食べ過ぎで嘔吐することがあります。また、特定の食物で犬が嘔吐する場合があります。いつも同じドッグフードを与えているなら心配はいりませんが、手作りのものや人間の食事の残り物などを与えたり、勝手に食べてしまった場合には、何を食べたのか把握しておくことが大切です。
また、犬が異物を飲み込んでしまわないように、生活環境で飲み込んでしまいそうなものを周りに置かないなどの注意が必要です。犬の散歩のときには拾い食い、とくに植物には有毒なものもありますので、むやみにいろいろ食べさせないように気を付けましょう。
暑い時期は、犬が熱中症になる可能性があります。涼しい環境を整えてあげたり、水分補給をしっかり行うことで防げます。
 
そして、ワクチン接種は必須です。重篤な感染症はワクチンでしっかり予防しましょう。
 
もし犬が吐いて、元気もなく食欲もない場合には病院へ連れて行くのが得策です。元気があって食欲がある場合でも、繰り返す場合には一度詳しく調べてもらった方が安心できるでしょう。
 
 

まとめ

ここまで述べてきた内容のポイントを以下に記載しますので、ご参考にして頂ければ幸いです。
・犬が吐いた後、元気で食欲があれば、様子を見るが、元気がない、他の症状がある等の場合は直ぐ受診する。その際吐いた物で窒息しないよう注意するとともに、吐いた物も病院に持っていき医師にみせるようにする。
・胃に到達する場合に吐く場合(吐出)の原因としては、食道内異物、食道拡張症、先天性心血管奇形等がある。
・胃の内容物をはく場合(嘔吐)の原因としては、食道炎、急性・慢性胃炎、膵炎、胃潰瘍、腫瘍、腸閉塞、感染症などがある。
・治療法は原因によって異なる。
・普段の生活では、食べ過ぎないように、また食べたものを把握して、原因を特定しやすいようにしておく事が重要。
・また異物を飲み込まないように、注意する事も重要。
 
 
<執筆者プロフィール>
碧井 香 (あおい こう)
獣医師・獣医学博士。
現在はフリーライターなど多岐に活動。
麻布大学獣医学部卒業 獣医師免許取得、某アニマルクリニックに勤務しながら、同大学院にて獣医学博士号取得、独立行政法人某研究所勤務、アメリカの研究機関勤務を経て今に至る。
 
 

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。